音痴の原因って?

音痴の原因って?

「自分は音痴だから、飲み会の後のカラオケが大の苦手」。
もしかしたら、あなたもそんなタイプですか?
「私は音痴だから・・・」とよく聞きますが、本当に音痴なのでしょうか?
そもそも、「音痴」とは一体どう言う事を言うのでしょう。
音痴には大きく分けて2種類あります。
耳が悪い事による音痴と、歌を歌う事や音程を取る事に慣れていない音痴です。
耳が悪い事による音痴は、自分の歌声を聴いても、「音がズレているかどうかも分からない」と言う場合で、非常に少ないケースです。
先天的、あるいは後天的に聴覚障害を患ってしまった場合は、また別と考えて下さいね。
音がズレているかどうかも分からない場合は、そもそも、自分が音痴だとは気付いていない事もあります。
自分で歌っている音が良く分からないのですから、他人に指摘されて初めて自分が音痴だったんだと気付くのです。
もう一方の歌う事や音程を取る事に慣れていない音痴は、自分で曲に合わせて歌っている時に、音程やリズムがズレていると感じる場合で、多くの人が当てはまるケースです。
歌う事自体に緊張してしまい、思い通りの音を発声する事が出来なくなったり、呼吸が思い通りに続かず、途切れ途切れになったりします。
音程やリズムはきちんと聞き取れるのに、それを曲に合わせて歌う事が出来ないのは、精神的な理由が原因です。
もし、あなたが自分は音痴だと思っているのならば、少しは心当たりがあるでしょう。
つまり、音痴は、「音程」が正しくとれていない事によって起こるのです。