声量を増すには?

声量を増すには?

力を込めて精一杯歌うと声量が増す、と考えてしまうかもしれませんが、これは大きな間違いです。
むしろ、声帯に負担が掛かって喉を痛めてしまうかもしれません。
声量を増すテクニックは、まず腹式呼吸を身に付ける事です。
声量の強さには、発声にも関わる器官、「横隔膜」が関係してきます。
この横隔膜の存在は、とても重要で、声の安定の要となっています。
この横隔膜がきちんと使えていれば、声は非常に出やすくなり、おのずと声量も増してくると言う訳です。
その為にも、「横隔膜呼吸」とも呼ばれている腹式呼吸を行う事が大切なのです。
具体的には、腹式呼吸のやり方をきちんと理解した上で、毎日20〜30分程度の発声練習を繰り返します。
この際、上半身はリラックスして、声をお腹から出すというイメージを持ちましょう。
この練習により、声量はかなりアップしてきます。
また、歌っている時に声を張り上げ、息を吐き過ぎる状態になってしまう事はありませんか?
これでは、息モレでお腹が据わっている状態にならず、気合が空回りするだけで声量は出ません。
吐く息が大きな声になる訳ではないのです。
むしろ、出来るだけ吐く息の量を抑え、これまでより大きな声量を出せたら、声にハリも出てくるでしょう。
この吐く息の量をコントロールしやすいのも、腹式呼吸の特徴なのです。
横隔膜を意識した腹式呼吸による発声練習を繰り返し行う事で、あなたが理想としている声量のある声が手に入るかもしれませんね。