カラオケボックスで歌を練習するときのポイントって?

カラオケボックスで歌を練習するときのポイントって?

今よりもっと上手に歌いたいなら、カラオケボックスで練習するのが一番です。
一人カラオケは結構勇気がいりますが、最近は「お一人様」も増えてきているので、店員からしてみれば案外普通の光景のようです。
カラオケボックスで練習する時はまず、エコーをオフして歌います。
エコーは上達しているかどうかの判断を鈍らせてしまいます。
つまり、下手でも上手に聞こえてしまうのです。
練習には無意味な効果なんですね。
採点ゲームはあまりあてにならないので、利用する必要はないでしょう。
機械は所詮機械でしかありません。
テープレコーダーなどを持っていき、自宅で録音した歌声を自己採点する方が確実に上達に繋がります。
ある程度上手に歌えるようになったら、マイクをオフにして地声だけで挑戦します。
マイクは、エコーを切っても地声をそのまま大きくしてくれるわけではありません。
高音を強くしたり、低音に深みをだしたりしてくれているのです。
これは、カラオケボックス特有の特徴なので、スタジオなどではまた違います。
マイクを使わないで歌ってみると、録音した音を聞いた時に意外な発見をするかもしれません。
一人カラオケで練習する時は、得意な曲だけでなく、苦手な曲もたくさん歌いましょう。
喉が乾燥してきたら、休憩も大切です。

一人カラオケだと休憩する時間がもったいなく感じるかもしれませんが、喉を痛めないためには適度に休憩を入れることも大切ですね。
なるべく常温に近い温度のミネラルウォーターでこまめに水分補給して、長時間歌い続けないように気をつけてください。

カラオケボックスで歌を練習するときのポイントって?関連ページ

カラオケの採点機能で良い点を取るには?
自分が歌いやすい歌の選び方