自分が歌いやすい歌の選び方

自分が歌いやすい歌の選び方

カラオケで歌う曲を選ぶ時には迷いますよね。
では、自分が歌いやすい歌の選び方は、どのようにすればいいのでしょうか?
歌には、歌いやすい曲と、歌うのが難しい曲とがあります。
自分が歌いやすい歌の選び方のコツは、音程の変化が少ない曲を選ぶ事です。
特に低音から高音の音域が狭い人は、広い音域を必要とする曲を歌いこなすのは難しいです。
自分の出せる音域に合った歌を選ぶ事が大切です。
例を挙げると、レミオロメンの「粉雪」のように、低い音程から始まってサビの部分でいきなり高くなるような曲は避けた方がいいと思います。
それは、低い音域でキーを合わせていると高い音域の所が苦しくて歌えなくなるからです。
逆に、高い音域にキーを合わせると低い音域の部分が歌えなくなってしまう事もあります。
自分が歌いやすい歌を選ぶのは、意外と難しい事なのです。
まずは、自分にとって無理なく出せる音域がどのくらいなのかを知っておく必要がありますね。
歌いやすい歌と歌いたい歌が違うということもあるかもしれません。
なるべく、音程の変化が少なく、さらに、テンポが速くも遅くもない、普通のリズムの歌を選ぶと歌いやすいと思います。
急に変調したり、ラップが入っている曲は、歌うのが難しいので気をつけてください。
テンポの速い曲も、ついていくのがやっとで曲に遅れてしまったり、歌っているというより、朗読になってしまいがちなので、注意した方がいいでしょう。
また、異性の曲は、キーが違いますから、男性なら男性の歌っている歌、女性なら女性が歌っている歌を選んだ方が、断然歌いやすいです。